現金化屋さん

クレカ現金化を必ず成功させるためのポイント5選
2019年最新版!ランキング上位の優良店を今すぐチェック!

クレジットカード現金化ってなんのこと?

「今すぐにお金を用意したい」
「でも、クレジットカード現金化って大丈夫なの?」
「詐欺とか悪質業者も多いって聞いたけど・・・」
「誰かが教えてくれれば簡単なんだけどなぁ・・・」

クレジットカード現金化を簡単に説明すると、カードのショッピング枠を専門業者で換金すること。

審査がないので誰でも気軽に資金調達ができる反面、詐欺を働く違法な業者も数多くいるため初めてのカード現金化で被害に遭う方も少なくありません。

『現金化屋さん』は、そんなクレジットカード現金化の安全に使えるように手助けするサイトです。

初めてカード現金化に大切な基礎知識から正しい業者の選び方などの現役の現金化業者だからこそ分かる実践的なノウハウを幅広く提供しています。

不安や疑問に思われたことがあれば当社スタッフがお電話での対応もさせて頂きます。

これからクレジットカード現金化をするときのためのお役立ち情報を掲載していきますので、「絶対にカード現金化で失敗したくない!」なんて方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クレジットカード現金化の優良店3社を徹底比較

1位 未来ギフト
未来ギフト
未来ギフトの総合評価

未来ギフトは換金率89%~97%で一切の手数料が完全無料の優良店です。利用者が手数料を負担することはないので換金率が下げられることはありません。また、その他にも即日プラン・通常プラン・法人プランと幅広い方向けの換金プランが用意されていますので、どこよりも高換金率でカード現金化をしたいのなら未来ギフトが一番お得です。

未来ギフトのスペック表はこちら
未来ギフトのスペック表
換金率89%~97%
スピード最短10分~15分
限度額1,000万円
必要書類身分証
クレジットカード
手続きオンライン決済
営業時間9時~21時
未来ギフトの公式HPはこちら!
2位 生活ギフト
生活ギフト
生活ギフトの総合評価

生活ギフトは最大500万円までであれば確実に即日中にカード現金化ができる業者です。また、すべてのクレジットカードのブランドに対応していますので、他社では使いにくいAMEXやダイナーズでも問題ありません。事前見積り・相談も無料で受け付けていますので話を聞いてみるだけでも損ではないと思いますよ!

生活ギフトのスペック表はこちら
生活ギフトのスペック表
換金率最大97.5%
スピード最短3分~30分
限度額500万円
必要書類身分証
クレジットカード
手続きオンライン決済
営業時間8時~22時
生活ギフトの公式HPはこちら!
3位 エニタイム
エニタイム
エニタイムの総合評価

エニタイムは年中無休24時間体制で営業している業者です。24時間営業をしているなら深夜や土日祝でも簡単にカード現金化ができますよね。また、専門スタッフが親切にサポートしてくれますので、初めてのカード現金化で不安や疑問がある方はエニタイムに問い合わせてみるのが良いでしょう。

エニタイムのスペック表はこちら
エニタイムのスペック表
換金率90%~98.8%
スピード最短3分~20分
限度額600万円
必要書類身分証
クレジットカード
手続きオンライン決済
営業時間24時間
エニタイムの公式HPはこちら!

これだけは知っておきたい!カード現金化のポイント5選

これだけは知っておきたい!カード現金化のポイント5選

初めてクレジットカード現金化をする方だと不安になることもあるかもしれません。

そこで、管理人が「これだけ知っておけば大丈夫!」と太鼓判を押しているカード現金化のポイント5選をまとめてみました!

それぞれのポイントについて知っておけばカード現金化で失敗することはまずありません!
それぞれの詳細をお話しますので、カード現金化する前にチェックしておきましょう。

  1. 換金率と入金額の違い:業者を選ぶときは換金率だけでなく入金額も大切です。実際の入金額を確認する方法を説明します。
  2. 事前に用意すべき必要書類:カード現金化の必要書類の種類と即日入金できる銀行口座を紹介します。
  3. 営業時間の受付対応の意味:いつ問い合わせをしても確実に即日現金化できる業者を探すテクニックについて説明します。
  4. カード現金化の違法?:「カード現金化は違法」と言われますが、それは本当でしょうか?法律の観点から違法性を説明します。
  5. カード現金化のリスク・危険性:カード現金化をするに当たってのリスクや危険性について説明します。

①.換金率と入金額の違い

換金率と入金額の違い

クレジットカード現金化の業者の公式HPには換金率が記載されており、どの業者も90%~99%近くの似たり寄ったりの数値が記載されています。

ですので、初めてカード現金化をする方だと「どの業者も同じなのかな?」と思うかもしれません。

しかし、ここで注意して頂きたいのが換金率=入金額ではないということです。

原則としてカード現金化では、どの業者でも換金率の他に手数料が請求されます。
そして、その手数料は実際に取引時に入金額から差し引かれることになります。

そのため、換金率が90%でも実際の入金額は70%なんてことも起こりえるのです。
高換金率でカード現金化をしたいなら使う業者の厳選は必須です。

実際の換金率を調べる方法とは?

広告が掲載されているからといって無闇やたらに業者を使うと痛い目を見る可能性がありますので、業者の下調べは入念におこないましょう。

  • 比較サイトによる評価
  • 実際の利用者の口コミ・体験談
  • 実際に電話して聞いてみる

このような方法で業者の詳細を知ることができます。

また、公式HPに「他社よりも高換金率で取引します」と宣言している業者を選ぶのも良いでしょう。
しっかりと「高換金率にする」と断言している業者であれば換金率も高い可能性が高いです。

また、以前にカード現金化をしたことがあるのなら(もしくは今も使っている業者がいるのなら)、その業者の名前と換金率を伝えれば確実に今より好条件で取引してくれます。

すでに別の業者を使ったことがあるなら、そういった業者を探すのが良いかもしれませんね。

②.事前に用意すべき必要書類

事前に用意すべき必要書類

また、初めてだと「クレジットカード現金化には何がいるの?」なんて思われるかもしれませんが、原則としてクレジットカード現金化は身分証明書と銀行口座があれば問題ありません。

クレジットカード決済をするので、クレジットカードも手元にあればバッチリですね。

身分証明書の詳細

クレジットカード現金化では「本人名義のクレジットカードなのか」という点を確認するために、以下の身分証明書のどれかの写真を業者に送る必要があります。

  • 国民健康保険証
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 年金手帳
  • 官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの

このどれかの身分証明書があれば問題ありません。

また、これらの身分証明書がなかったとしても業者によっては公共料金の支払い明細の提示などで取引ができるケースもあります。詳しくは自分の使う業者に問い合わせてみるのが良いでしょう。

銀行口座の詳細

以前までは平日15時以降や土日祝の入金は銀行の翌営業日となっていました。
しかし、現在ではモアタイムシステムのおかげで、以下の銀行であれば24時間入金が可能です。

  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 三井住友銀行
  • 埼玉りそな銀行

また、その他にも以下のネットバンクでも即日入金が可能です。

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • SBI銀行
  • セブン銀行

また、これらの銀行口座はすべて本人名義である場合に限ります。
家族でも他人名義だった場合は入金できません。即日中のカード現金化が希望の方は注意しましょう。

③.営業時間と受付時間の違い

営業時間と受付時間の違い

また、即日中にカード現金化をしたいのなら営業時間と受付時間の違いも知っておくことが重要です。

基本的にどの業者も営業時間を24時間と記載しており、あたかも「問い合わせをすればすぐ対応してくれる」と思わせるような表記をしています。

しかし、その営業時間に『受付時間』と記載されていた場合は注意が必要です。

というのも、営業時間は問い合わせに対してすぐに入金してもらえる時間ですが、受付時間の場合は単に申込みを受け付けているだけのケースもあるのです。

  • 営業時間:即日中にカード現金化できる時間
  • 受付時間:申込みを受け付けている時間(対応は翌日)

営業時間と受付時間では意味合いがまったく異なります。

ですので、即日入金が希望なら営業時間が24時間営業と記載されている業者を使うのがオススメです。

業者を選ぶときは必ず営業時間に関しても確認してみてくださいね。

④.カード現金化の違法性

カード現金化の違法性

「カード現金化ってなんか怪しい、違法じゃないの?」

クレジットカード現金化が初めてだとこのように思われる方もいることでしょう。

たしかに、以前にはメルカリでカード現金化目的で現金を売っていた人が逮捕されるなどの事件もありましたし、違法だと思われるのも仕方ないかもしれません。

しかし、メルカリの利用者が逮捕されてしまったのはカード現金化が問題だったからではありません。
現金を商品としたことが違法なのであって、カード現金化が違法なワケではないのです。

事実、クレジットカード現金化のような「商品購入の特典として金額に一部を返還するキャッシュバック方式」は景品表示法でも許可されています。

キャッシュバックなどの方法により,取引通念上妥当と認められる基準に従い,支払った代金の割戻しを行うことは,値引と認められる経済上の利益に該当し,景品規制の適用対象とはなりません。
引用元:【参考文献】消費者庁による公式レポート

また、今までの逮捕事例を確認しても逮捕されているのは闇金のようなサービスをしていた悪質業者だけで利用者が逮捕された事例はないので、まず法律から見ても問題ないと考えて良いでしょう。

「クレジットカード現金化をして逮捕される」なんてこともないので安心してくださいね。

⑤.現金化はカード会社の利用規約違反

現金化はカード会社の利用規約違反

クレジットカード現金化はショッピング枠を換金して即日中にお金を用意できる画期的な方法ですが、そもそもショッピング枠は「お金を借りるため」ではなく「商品を購入するため」の利用枠です。

ですので、ショッピング枠を換金目的で利用することはカード会社の利用規約によって禁止されており、クレジットカード現金化は利用規約に違反した行為です。

カード会社に現金化目的で利用したことがバレると、クレジットカードは利用停止にされてしまいます。
カードの利用停止を避けるためにも、カード会社に疑われない方法をとることが大切です。

カード会社に疑われないためのポイント

  • 商品転売でのカード現金化はしない:転売に使われる商品は現金化目的での購入が多いため疑われやすい
  • 利用枠以上の決済をしようとしない:10万円分しかショッピング枠がないのに20万円の決済をしようとするとカード会社に疑われやすくなる
  • 安全性の高い業者を使う:業者が海外の決済端末を使うなどの安全対策をしているとカード会社に現金化がバレなくなります。「創業からカードトラブル0件」などの実績のある業者を優先して使うようにしましょう。

要するに「安全性の高い業者を使いましょう」ってことですね。
以上の3点を守っていればカード会社に現金化がバレることは絶対にありません。

逆に自分で商品転売をしてカード現金化をしたり、新幹線チケットをするなどするとカードが利用停止になるリスクが高くなってしまいますので、その点に関しては注意してくださいね。


以上の5つがカード現金化で重要なポイントですが、これらのポイントはあくまで『業者を使ったカード現金化をした場合』の話です。

ですので、カード現金化を業者を使わずに自分でした場合は方法や注意点も異なります。

一番お得な方法を選ぶためにも業者を使った方法だけでなく、自分でするクレジットカード現金化をする方法について知っておいたほうが良いでしょう。

ということで、次は業者を使わず自分でするクレジットカード現金化の方法を紹介しますね。

業者を使わず自分でするクレジットカード現金化の方法

業者を使わず自分でするクレジットカード現金化の方法

実は業者を使わなくてもクレジットカード現金化は自分でできます。

その方法は、ブランド品やゲームソフトや新幹線チケットなど原価に近い値段で売れる換金性の高い商品をクレジットカードで購入し、転売するといった簡単な仕組みです。

商品の転売であれば誰でも簡単ですし、業者を使わなくて済むので心理的なハードルも低いですよね。

とはいえ、自分でするカード現金化はメリットばかりではなく、デメリットもあります。
次は、簡単にそのメリット・デメリットを説明しますね。

自分でカード現金化するメリット

自分でカード現金化をするメリットは、先ほどお話したように業者を使わなくて良いことです。

クレイジットカード現金化の業者の中には闇金のような営業をおこなう悪質業者も多く、詐欺被害も多発しているのが現状です。

そういったリスクなしで確実に現金を用意できるのはメリットと言えるでしょう。

自分でカード現金化するデメリット/リスク

では、逆に自分でするカード現金化のリスクとは、なんなのでしょうか?

複数ありますが、その中でも一番のデメリットが換金率が低いことです。

自分でするカード現金化では、クレジットカードで購入した商品を転売することになりますが、このときに換金性の低い商品を購入してしまうと換金率は下がってしまいます。

とくにブランド品やゲームソフトといった商品は値動きが激しいため、思っていた以上に買い叩かれてしまうこともあるのです。

商品によっては購入金額の半分。つまり、換金率50%になってしまうこともあります。

また、その他にも様々なデメリット・リスクがあります。

  • 売買をする手間がかかる
  • クレジットカードが利用停止になる

以上から考えても自分でするカード現金化はリスクの高い行為ですので、カード現金化は自分でするのではなく専門の業者を使ったほうが良いでしょう。

「業者を使うのは不安」という方もしっかりと業者を厳選すれば詐欺に騙されるなんてこともありませんので、その点に関しては安心してくださいね。

まとめ

現金化屋さん

いかがでしたか?

クレジットカード現金化にもリスクはありますが、正しい方法で取引をすればトラブルもありませんし金欠で困ったときに助かる便利な方法となります。

とくに「どの業者を利用するのか」が大切なので、実際にクレジットカード現金化をするときは必ず評価ポイントをチェックした上で業者を選別しましょう。

また、当サイトではクレジットカード現金化で重要である『換金率』や『スピード』、『安全性』などを総合的に評価して割り出した「カード現金化完全おすすめランキング」を完全無料で公開しています。

こちらを参考にすれば効率的に優良店を探すことができますので、これからクレジットカード現金化をしようと思われている方はぜひこちらも併せて参考にしていてください!

カード現金化完全おすすめランキングはこちら!!